Whateverがプロデュースを手がける企画展「コロナ禍のクリエーション」が渋谷スクランブルスクエアにて開催

ニュース

Whateverがプロデュースを手がける企画展「コロナ禍のクリエーション」が渋谷スクランブルスクエアにて開催

Whatever, 渋谷スクランブルスクエア,アート,映像・写真,エンターテインメント

18:40

コロナ禍で生まれたクリエーションを集め、展示する企画展「コロナ禍のクリエーション」が、渋谷スクランブルスクエア14Fの「NHKプラスクロスSHIBUYA」にて、11月24日から2021年1月17日まで開催されている。

東京・ニューヨーク・台北・ベルリンを拠点に活動するクリエイティブスタジオの「Whatever Inc.(以下、Whatever)」が企画・プロデュース・制作を手がける同展。「ステイホーム」によって世界中が活動を自粛し、日常生活にさまざまな制約が課せられているいま状況だからこそ生まれたクリエーションを展示することで、逆境に屈しない人間の想像力を改めて讃えることを目的としている。

会場では、稽古から上演まで役者全員が遠隔地で制作された劇団ノーミーツの演劇「門外不出モラトリアム」や、100年以上の歴史を持つ自転車レースをバーチャルで初開催した「バーチャルツール・ド・フランス」などが展示されるほか、Whateverによる、遠隔でロボットを操作することで展示鑑賞をオンラインで楽しめるシステム「ROBOT VIEWING」や、自分描いたらくがきに命が吹き込めるアプリ「らくがきAR」のエンジンをつかったアマビエを描く体験コーナーが設置されるなど、さまざまな作品を鑑賞することができる。

そのほかにも、手洗い習慣やソーシャルディスタンスなどの感染症対策をアイデアで解決するクリエーションも多数展示。入場に際しては、会場が混み合わないように整理券が配布される。

https://www.nhk.or.jp/plusx/event/creation/

Comments (0)
Top