第13回「シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」受賞作品が発表。グランプリは「スーパー楕円」の印鑑

ニュース

第13回「シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」受賞作品が発表。グランプリは「スーパー楕円」の印鑑

深澤直人, 中村勇吾, 原研哉, 喜多俊之, 後藤陽次郎, シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション,プロダクトデザイン

9 17:00

一般社団法人未来ものづくり振興会が主催する、新しいプロダクトのデザインを募る「13th SHACHIHATA New Product Design Competition (シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション)」の表彰式が10月16日に行われ、受賞作品10点が発表された。

今年で第13回目の開催となる同コンペティション。前回に引き続き「これからのしるし」をテーマに、今年はさらに踏み込んだ「暮らしを彩る」「習慣になる」「気持ちを伝える」の3つのサブテーマを設けてアイデアが募集され、昨年の778作品を上回る1,282作品の応募が集まった。審査員は、昨年に引き続き喜多俊之をはじめ、後藤陽次郎、中村勇吾、原研哉、深澤直人の5名が務め、特別審査員2名を加えた7名による審査が行われた。

グランプリを受賞したのは石川草太と柳沢大地によるチーム「BAKU DESGIN」の「|x|^5/2 + |y|^5/2 = 1」。同作品は、「|x|^a + |y|^a = 1」で表される曲線の中で「スーパー楕円」と呼ばれる「a>2」のもののうち、最も曲線が美しいとされる「a=2.5」の時の円弧による楕円型の印鑑で、丸でも四角でもない美しいしるしの形として提案されている。

以下、審査員によるコメント。

「『スーパー楕円』という判子の世界にありそうでなかった形を、見つけ出した衝撃と、数式で導き出した新鮮さ」(深澤氏)

「プロトタイプもよくできており、捺す時の感触、捺した後の印形、どちらも気持ちよかった。その気持ちよさが論理的な根拠を持つことに腹落ちした」(後藤氏)

「丸と四角の線の美しいところだけ取った、人の心に訴える、価値のある形」(喜多氏)

「円柱に比べ楕円は、持つ位置がしっかり決まり、まっすぐ捺しやすい。機能的で美しく、持ち心地もいい、判子の理想ともいえる形であり、あらゆる意味で大賞にふさわしい要素を持った堂々たる作品」(原氏)

尚、グランプリ作品のほかに準グランプリ2作品、審査員特別賞には7作品が選出されている。

https://sndc.design/

Comments (0)
Top